【幼児英語教育】娘はこれでバイリンガルに!Disney+(ディズニープラス)のおすすめチャンネル5選

本記事では、娘ミィが1歳から3歳まで(むしろ0歳から)ただ見るだけで英語耳を育てたDisneyも+(ディズニープラス)の中から幼児さんが英語を学ぶのにおすすめなチャンネルを厳選してご紹介します。

私のおすすめポイントも具体的に載せたので、ぜひ参考にしてみてください♪

Disney+(ディズニープラス)で英語教育をするメリットとデメリットはこちらでまとめています/

ちなみに我が家は娘が3歳になってからDWE(ディズニー英語システム)ミライコも始めています。(ディズニープラスで身に着いた英語耳に満足しつつ、さらなる英語力向上のため)

スポンサーリンク
クリックで飛べる目次

Disney+(ディズニープラス)とは

Disney+(ディズニープラス)とは、定額制の公式動画配信サービスです。ディズニーはもちろん、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル ジオグラフィック、スターと6ブランドの名作・話題作が見放題です。

デバイスも最大5台まで登録できるので、スマホやテレビ、タブレットなどを利用していつでもどこでも動画を視聴することができます。

Disney+(ディズニープラス)のオリジナル作品もあるので、ディズニーファンにはたまらないサービス内容となっています。

Disney+(ディズニープラス)の料金

Disney+(ディズニープラス)の料金は、2022年5月現在、月額990円(税込)、年額9,900円(税込)となっています。(ただ、アプリ経由で入会すると月1000円になります)

2022年5月現在、無料お試し期間はありません。

Disney+(ディズニープラス)の入会方法

Disney+(ディズニープラス)の入会方法の入会方法は、公式サイト、ドコモ、アプリ経由の3種類あります。

ただ、ドコモからの入会の場合①dアカウント②ディズニーアカウントの二つのアカウントを設定しなけれなならないこと、アプリからの入会の場合、月の料金が1000円と割高になってしまうことから、公式サイトからの入会が一番シンプルで良いと思います!

公式サイトの「今すぐ登録」ボタンから飛び
①メールアドレス
②パスワード
③月払いか年払いを選ぶ
④クレジットカード情報を入力する
という4ステップで完了です。

1歳から見れる!Disney+(ディズニープラス)の入会方法幼児英語教育におすすめな番組5選

ディズニーですから、もちろんおすすめしたいキャラクターは沢山います。

突然出るアリ

プーさんとか、プリンセスシリーズとか。

ここでは、教育的要素という意味でのオススメをご紹介します!

ミッキーマウスクラブハウス

マーコ

娘が3年間見漁ったのがコレです。

出だしの音楽からして、とにかく中毒性がある(笑)

初めて見た時は、かなり教育的な作りになっていて驚きました。

「数字」「色」「大きい小さい」「早い遅い」「友達の存在」「音楽」「色んな楽器」「動物」など多岐にわたるトピックが網羅されており、ミッキーがこっちに話しかけてくれたり、耳を澄まして聞いてくれるような仕草もあるので、本当に教材みたいなんです。

そして、ストーリーは大抵ミッキーたちが何か困難な状況になり、それを解決するためにどのツールを使えば良いかを一緒に考えて解決していくという展開になっています。

一つの話が26分なので、2〜3歳の娘にはちょうど良い感じだったよ。

シーズン5まであり、人気だったのが伺えます。

ミッキーシリーズは、ドナルドやグーフィーなど独特な話し方をするキャラクターは聞くのが難しいのですが、メインで話すのがミッキーだし、ミッキーの英語はかなり聞きやすいです。

ミッキーシリーズでいうとコレもあるのですが、これは一つ一つが8分と短く、ストーリーもちょっと教育的というよりは、ユーモアを楽しむ感じなので少し難しくなります。

ブルーイ

ブルーイは他のシリーズより、簡単な言葉を選んで話しているのが特徴だと思います。

マーコ

ストーリーは、二人の兄弟とパパとママの日常生活。
そのため、パパとママの話し方も実際に子供に向かって話すようなスピードなので聞き取りやすいです。

子供達とパパとのやりとりが、絵で見ても分かりやすいし、子供たち同士でのやり取りも可愛い!

オープニングミュージックの段階で、ママをMum,パパをDadっと言い、とてもベーシックな所から学べます。

(※ちなみに、カナダ人の夫はmom(アメリカ英語)と書きますが、ブルーイはmum(イギリス英語)と表記されています。)

一つ8分なので、初めて見始める子でも飽きずに見れると思います。

ストーリーの中で、「ホテルごっこ」っというお話があるのですが、子供たちが「ホテルごっこしたーい!」というとパパが「えぇー…(あれ大変なんだよな)」っと反応する感じが本当にリアルな自分の生活を見ているようで共感しますww

でも、ごっこ遊びも真剣に面白く遊んであげるパパが凄いなぁと思います!

ドックはおもちゃドクター

これは、3歳の娘にドはまりしているお話です。

ちょうど3歳の誕生日プレゼントでお医者さんセットをあげたのも大きかったよね。

主人公の女の子が聴診器を付けると、オモチャとお話ができるようになり、オモチャの不調をその都度解決していく!というストーリー。

オモチャとお話しできるのも娘的にはウキウキするし、実際に診断していく内容は結構本格的な用語が出てきます。(脱水とか)それを子供向けに分かりやすく説明しているのもいいなと思いました!

マペットシリーズ

赤ちゃんも好きなマペット。

セサミストリートみたいな感じで、子供とマペットが絡むものもあれば、マペットだけでストーリーが進んでいく物もあります。

マペットの動きを見ているだけでも子供(1歳の息子)は食いつく!

ただ、マペットの話すスピードは結構速め。

バババババーっと話していく、コメディショーな感じです。

マーコ

私的にはこの中の「マペットタイム」というシリーズがツボなんですよね~。

1つ1分で終わってしまう、めちゃくちゃショートストーリーなのですが、一つ一つが本当に可愛い!

出てくる子供達がプロっぽくなくて、本当にピュアな感じの反応を見せてくれます。

マペットとのやり取りをぜひ見てほしいし、「マペットと一緒に数字を数える」「マペットと一緒に変顔をする」「マペットとハグをする」などストーリーも面白いです。

PJMASKS(しゅつどう!パジャママスク)

これまた、3歳7か月の娘が今ハマっているアニメです。

3人の子供たちが夜になるとパジャママスクとして返信し問題を解決していくストーリー。

小学校での生活風景や小学生同士の会話も丁度良い感じで耳に入ってくるようです。

Disney+(ディズニープラス)は英語教材ではないが英語教育要素が詰まっている!

Disney+(ディズニープラス)は英語教材ではありません。

なので、「子供に英語を教えよう」「何を見せればいいんだろう?」「なんの教材を購入すればいいの?」っと検索した際に、おすすめな方法として挙がってくるものではないと思います。

ですが、日本人に必要な「英語耳を幼児期から育てる」という意味では見せ方、見せるチャンネルによってはとても効果的です!

マーコ

ぜひお子さんが興味を示す番組を繰り返し見せてあげてください。(英語字幕付きで)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックで飛べる目次
閉じる